商業出版(企画,編集,製作,発行)を第一とするビジネス部門(教養,実務,独立起業,利殖等)の出版社(東京)「アスカ・エフ・プロダクツ」
トップページへ戻る


とりあえず「株くらい」やってみるマニュアル

とりあえず「株くらい」やってみるマニュアル
「ちょっとくらい株をやっておきたい」と思っている人に
石井経済研究所&さいとうはるき
2003年11月
税込価格:1470円
ISBN4-7569-0703-2

初心者でもすぐに始められる「やり方」と「知識」

:内容概略:
一時は7000円台まで下がった平均株価が1万円を超えてきています。企業の業績低迷が続きリストラなどで体質改善を進めた結果、私たちサラリーマンの収入とは裏腹に、企業の収益構造だけは良くなってきているようです。
そこで、「さあ、私も株くらいはやってみよう」と。しかし、どこで、何から、どう始めればいいか、初めての人にはわかりにくいものです。
本書は、そんな入門者に、とにかく「すぐに、ちょっとくらい」できる方法と、次に進むための知識を披露しました。


【主要目次】
プロローグ
まず、「株をやる」流れを知ろう
  ----証券会社の店頭とネット取引では株のやり方はどう違うか?
1 少しくらいは「株をやっておこう」と思っているんですけど…… 12
2 証券会社に口座がなければ、何も始められない 14
3 買いたい銘柄が見つかった…… 16
4 ちょっと上がったので、そろそろ売って利益を得たいが…… 18
5 さてあなたは、証券会社店頭でやるか、ネット上でやるか 20
コラム ネット証券とは 22
STEP 1
株を買うって何? どんな魅力があるの?
  ----株には、売買差益、配当、株主優待などのメリットがある
1 「株を買う」というのは株式会社の株券を「時価で買う」こと
2 株にはどのような魅力があるのですか?
3 株式は証券取引所というところで売買される
4 株はいつでも買えるのか?
5 株を買うにはどのくらいのお金が必要か?
6 株主になって一番魅力なのは売買差益が得られることだ
7 注文の仕方には2種類ある
8 株主優待はどのようにすればもらえるのか?
9 配当利回りというのはどのようなことなのか?
10 手数料の他にどんなお金がかかるのか?
コラム 気になる株式用語
STEP 2
銘柄選びはこのようにすればうまくいく
  ----見分ける感覚を日常的に身につける
1 まずは身近なところから探せばいい
2 お店などでにぎわっている会社はどこなのか
3 人気の商品からヒントをもらう
4 カメラつき携帯は最近にないヒットだが
5 電力の供給不足でも株価が動く
6 円高・円安でどこが儲かってどこが損をするのか
7 海外での事件で影響される旅行会社の事情
8 シーズンになると動き出す特徴を生かせ
9 高齢化社会で何が変わっていくのか
10 少子化では子供関係が忙しくなる
コラム 機関投資家と外国人投資家
STEP 3
株価の割安・割高を知って効果的な投資をしよう
  ----銘柄にも種類・性格がある
1 過去の高値・安値を見ておこう
2 低位株というのはどのような株価のものを言うのか
3 値嵩株は儲かる体質になっている会社に多い
4 小型株の特徴と面白味は何か
5 中・大型株の特長にはどのようなものがあるのか
6 優良株というのはどのようなものを言うのか
7 年初来高値、年初来安値というのはどのような意味があるのか
8 「額面割れ」というのはどういうことか
コラム ストップ高とストップ安
STEP 4
株価に関する様々な基準を知ろう
 

----上げの動きに乗れるか
1 「平均株価」「単純平均」は株価の動きと水準を示す
2 「時価総額」「TOPIX(トピックス)」は株価のボリュームだ
3 「売買出来高」は活況・低迷を示す
4 「株式分割」は株数が増えること
5 「 増配、減配」は株主への配分の変更だ
6 「PER」「PBR」は株価の割安・割高を示す
7 「ROE」は会社の資本の活用度合い
コラム チャートは何で見る

STEP 5
会社の業績はどのように読むのか
 

----投資する会社のことをもっと知ろう
1 「資本金」で会社の規模がわかる
2 「売上高」はもちろん増えることがいい
3 「営業利益」「経常利益」というのは
4 「1株利益」は収益の簡単な目安
5 「債務超過」はサラ金経営だ
6 「輸出」の割合で為替変動の影響がわかる
7 「浮動株」は売買される株のこと
8 「過去の株価」が大切なのはなぜか
コラム ファンダメンタル分析とテクニカル分析

STEP 6
株価変動の傾向から投資タイミングを見極める
 

----テクニカル分析のチャートを活用する
1 チャートの基本はローソク足だ
2 陽線と陰線の違いは何か
3 日足・週足の意味を知っておこう
4 陽線・陰線のローソク足はどう読むか
5 時々見られる「寄引同事線」にも意味がある
6 投資スタンスで違ってくるローソク足の活用法
7 移動平均線の意味を知ろう
8 ゴールデンクロスとデッドクロス
9 グランビルの法則というのはどのようなものか
10 グランビルの買いシグナル……… (1)(2)
11 グランビルの買いシグナル……… (3)(4)
12 グランビルの売りシグナル……… (1)(2)
13 グランビルの売りシグナル……… (3)(4)
14 下値での陽線の出方で買い時がわかる
15 株価底値で買いのシグナル
16 株価高値で売りのシグナル
17 天井圏に出た「上ヒゲ」は明らかな売りである
コラム 信用取引って何?

STEP 7
株式売買の基本姿勢を覚えておこう
 

----大事なお金、余裕を持って投資をしよう
1 資金を目一杯使ったり、借りた資金を使わない
2 買いは小分けにして押し目を買う
3 下値を買ってじっくり待つ
4 急騰は下げを待つ
5 なだらかな上げは売り上がる
6 先に買って先に売る
7 仕手株の情報は腹5分目
8 見込み違いは逃げる
コラム 世界の株式市場との時差

STEP 8
儲けるための経済ニュースの読み方
 

----新聞・テレビ・インターネットのニュースから連想する
1 GDPが大きいのはなぜ良いか
2 個人消費が景気動向を動かすのは
3 設備投資は景気の基本
4 失業率が高いとなぜいけないか
5 ニューヨーク株式との関連
6 為替相場はなぜ変動するのか
7 遠い戦争は買いか
8 原油相場の変動からどう連想するか
9 冷夏暖冬の影響は

 

石井経済研究所 代表・石井勝利(いしい・かつとし)

1939年生まれ、早稲田大学政治経済学部卒。文化放送を皮切りに新聞などのマスコミ界でジャーナリストとして活躍。48歳で経済評論家として独立。出版活動、講演、新聞などでの連載、テレビ・ラジオで活躍。ラジオたんぱの朝の番組でレギュラー出演。 主な著作は『日経新聞100パーセント活用法』(ぱる出版)、『お金の急所』(KKロングセラーズ)「生まれてはじめて株をやる人の本」「日経新聞の読み方」(明日香出版社)などヒット作を放つ。ホームページ「資産運用KURABU」を公開し、注目銘柄や仕手株情報、株式投資入門を発信。

「資産運用KURABU」http://www2.odn.ne.jp/~caq51550/
e-mail odn-many@pop17.odn.ne.jp

さいとう はるき

1950年、千葉市に生まれる。
中央大学商学部会計学科卒業後、大転身を図りフリーのイラストレーターとなる。
経済から健康、歴史まで幅広く活躍。雑誌や新聞、単行本で作品を発表。
特にマンガ版のビジネス書には定評があり、イラストと文章を駆使する歴史ルポも人気を集める。


- asuka F products Publishing inc. All Rights Reserved -